パートナーの浮気を「怪しい」と感じ始めたら…

不倫相手への慰謝料請求

慰謝料請求ができる場合、出来ない場合

慰謝料とは、精神的損害を受けた時に支払われる損害賠償金のこと。
不倫の場合は、妻、または夫が配偶者以外の異性(以下、愛人)と
不貞行為に及んだ際、貞操義務に違反したとして配偶者及び
愛人に対して支払われる損害賠償金のことです。
不貞行為があったとする確実な証拠があれば、
その過程や精神面に関係なく、行為自体に対して
精神的苦痛を受けたとして損害賠償を請求できます。
ただし、仮に夫婦であったとしても適応されない場合があります。
それは夫婦関係が破たんした後に不貞行為があったとき。
愛人との不貞行為によって
精神的損害を受けたとはみなされないのです。
また、配偶者が既婚の事実を隠していたため愛人に過失がなかった場合や、
暴力等により無理やり関係を持たされた場合、
愛人に対しての慰謝料の請求は難しくなります。

こんなときはいくら?

不貞行為による慰謝料の額は定められていません。
夫婦間の事情や精神的損害の度合いはそれぞれによるものだからです。
裁判官は、請求者の苦痛の程度や不貞行為による夫婦関係への影響、
他たくさんの項目をもって金額を決定します。
離婚をしなくても行為自体に対して慰謝料請求できますが、
離婚した方が高額になるケースが多く、
一般的には200万前後と言われています。

証拠がなければ慰謝料は請求できない?

配偶者、または愛人が不貞行為を認めた場合は
証拠がなくても慰謝料の請求はできます。
しかし、不貞行為があったという証拠がなければ、裁判で争うことはできません。
実際問題、自分で不貞行為の証拠を掴むことは困難です。
確実に不貞行為の証拠を掴みたい場合は、
プロの探偵を雇うことが一番なのです。

Answerさんのメール相談 何でもお気軽にご相談ください!

« 一覧に戻る

  • Answerさんのメール相談 何でもお気軽にご相談ください!
  • 毎週月曜日は、ご奉仕DAY 人には言えないお悩み・・・不倫・浮気話大歓迎!!《話してスッキリ》貴方のお悩み、なんでもお聞きいたしましょう!!探偵をもっと身近に
  • 法律家先生ご紹介 弊社と協力関係にある弁護士先生をご紹介します。
  • Q&A 弊社サービスへの質問にお答えします。