探偵業法適正化に関して

探偵業の業務の適正化に関する法律について

<平成19年6月1日から探偵業の業務の適正化に関する法律が施行されました>

探偵業の業務の適正化に関する法律(以下、探偵業法と称す)は、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の運営の適正化を図り、もって個人の権利利益の保護に資することを目的とする法律であり、内閣府(国家公安委員会)が所管する。
所轄警察署へ届出を済ませ、公安委員会より下記の通り、探偵業届出証明書が発行され、登録番号を交付されました。
当社はこの探偵業法を遵守しております。

<契約時における探偵業者の義務>

・書面の交付を受ける義務

  • 1.探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとする時、依頼者から調査結果を犯罪行為や違法な差別的取扱い、違法な行為の為に用いない旨を示す書面の交付を受けなければなりません。
  • 2.探偵業者は、契約を締結しようとする時、予め依頼者に対して、契約の重要事項について書面を交付し説明しなければなりません。
  • 3.探偵業者は、契約を締結した時、依頼者に対し契約の内容を明らかにする書面を交付しなければなりません。
  • Answerさんのメール相談 何でもお気軽にご相談ください!
  • 毎週月曜日は、ご奉仕DAY 人には言えないお悩み・・・不倫・浮気話大歓迎!!《話してスッキリ》貴方のお悩み、なんでもお聞きいたしましょう!!探偵をもっと身近に
  • 法律家先生ご紹介 弊社と協力関係にある弁護士先生をご紹介します。
  • Q&A 弊社サービスへの質問にお答えします。
  • 浮気調査ナビ
  • 弁護士法人アヴァンセ リーガル グループ
  • 福本匡洋総合司法書士事務所